• ホーム
  • タワーマンション住みの人は魅力的に見えるのはなぜ?

タワーマンション住みの人は魅力的に見えるのはなぜ?

マンションの一室

タワーマンションといえば快適で利便性が高く収納などの機能面でも満足できる専有部分があり、各種の共用設備が非常に充実していることから、普通のマンションとは一線を画した存在なのは間違いありません。
大手デベロッパーが設計からデザイン性にこだわり、ブランド名も付けて展開していることが多いので、ブランド力がありおしゃれで、憧れの対象になっていることも珍しくありません。
このような印象をもたれることが多いタワーマンションには、事業で巨万の富を築いたり有名芸能人などのハイクラスな限られた人間だけが居を構えることが多いのは確かです。

そのためタワーマンションに住むことは社会的ステータスにもなり、高い資産価値も保証されているのです。
外観がおしゃれで、内装などの空間デザインなども配慮された仕様になっているので、タワーマンションには他のマンションでは味わうことのできない独特の時間と空間を堪能することができるのは、住人の特権のひとつです。
また地上100m以上の高層建築物の横顔をもっているので、高層階になるほどすばらしい眺めを目の当たりにすることができるのも魅力的です。

ところで最近では都心のタワーマンションの人気が急上昇する一方で、田園調布などのかつての高級住宅地域の人気は下火になっているとされています。
かつては郊外の十分な面積をもった敷地の上に洗練されたデザインを施した一戸建て住宅をもつことは、社会的ステータスと認識されていました。
広い庭と広い邸宅を確保でき都心への交通アクセスが良好なおかげで、高級住宅街は高い人気を集めていたわけです。

ところがこのような高級住宅地では資産価値確保のために各種の規制が厳しく、大型の商業施設はおろか、コンビニエンスストアを営業することも困難になっています。
閑静な住宅街には買い物などのシーンでは不便さのほうが強く認識されてしまい、便利な都市生活に慣れてしまった人々には、高級住宅地はあまり魅力的に映らなくなりました。
そのおかげでタワーマンションの方が、絶好の眺めや駅直結や駅近などの利便性の高さが注目を浴びて人気も急上昇することになったわけです。
タワーマンションに生活の本拠を構えるには、相当の経済力が必要になります。
そのため結果的に、社会的に成功を収めた人間が自然にあつまることになるのです。
タワーマンションに住んでいることは、いわば社会的成功のあかしです。
その点が自然に認識されているおかげで、タワーマンションは多くの人にとって憧れの対象になっています。