• ホーム
  • 池袋でタワーマンションを賃貸するはおすすめできる

池袋でタワーマンションを賃貸するはおすすめできる

池袋といえば新宿や渋谷と並ぶ三大副都心の一つで、駅を中心にして巨大な百貨店や専門店や各種の飲食店などが豊富に営業を展開しており、経済や文化の情報発信が盛んな日本を代表する商業エリアになっています。

池袋の1日あたりの乗降客数は270万人を超えるに至っており、都心からどこにアクセスするにも抜群の立地条件を兼ね備えているのです。

地域を代表するランドマークといえるのが、サンシャインシティです。
サンシャインシティは都内第一位の高さを誇るサンシャイン60ビルを中核にして、複数の高層ビルや地下街・専門店街で形成されているのが特徴。
オフィスや専門店を中心にするオフィス・商業エリアだけにとどまらず、水族館や屋内型テーマパークなどのレジャー施設も充実しています。

池袋駅周辺では東京芸術劇場を筆頭にルミネ池袋や中小の寄席や劇場など、文化面でも盛んな施設が数多く展開されているのです。

最近では旧豊島区役所跡や造幣局東京支局跡地などを中心に、都市再開発事業が進行しており、新たな文化施設やオフィスの整備など大規模な都市型インフラ整備計画が次々に予定されています。
そこで都市再開発事業の一環としてタワーマンションの建築も活発になっているのです。

すでに池袋エリアは駅から徒歩圏内にビジネスやショッピング・専門店などは日本国内でもトップレベルの充実ぶりを誇ることから、人気の高い賃貸マンションなども数多く立地しています。
そのため、タワーマンションの数もさらに増加していくと見られているのです。

タワーマンションでは池袋駅に直結していたり、徒歩数分圏内に立地していることが多く、他の賃貸マンションでは想定できないほどの利便性の高さを実感することができます。
駅直結などの交通アクセスが優れていることは、逆を言うと不特定多数の人々が24時間行き交う街、と言うことを意味するわけです。
そのためセキュリティ面での不安を抱くことも多くなりますが、タワーマンションでは広角の防犯カメラをエントランスやロビーや廊下など随所に設置されており、有人の24時間管理体制を採用していることも珍しくありません。
ダブルのオートロック機能などが標準装備されているおかげで、防犯設備の充実ぶりは明らかです。
セキュリティ面だけでなく、共用設備も各種とり揃っていることも、タワーマンションの特徴の一つと言えます。
フィットネスクラブやラウンジなど、ホテルライクのサービスを提供しているタワーマンションもあるほどです。